パンドラ3

−ギリシャ神話を巡る演劇・ダンスの3つの冒険− 双身機関×トライフル×よこしまブロッコリー

  2010年12月23日(木・祝) 双身機関 × トライフル
           24日(金) 双身機関 × トライフル × よこしまブロッコリー
           25日(土) トライフル × よこしまブロッコリー
           26日(日) 双身機関 × よこしまブロッコリー

  名古屋市千種文化小劇場
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 稽古場レポート よこしまブロッコリー | main | パンドラ3 演出家鼎談『ゼウスとワルツ!』vol.4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
出演者インタビュー vol.3 【松丸琴子・稲葉みずき】

「パンドラ3」出演者不定期連載インタビュー、第3弾。最終回です。

第3弾インタビュー 松丸琴子・稲葉みずき(トライフル出演)
インタビュアー にへいたかひろ(よこしまブロッコリー 代表)

今回は、トライフルの稽古場にお邪魔しました。

===============

にへい : 今日はトライフルの役者、松丸琴子さんと稲葉みずきさんに来ていただいてます。よろしくおねがいします。
松丸 稲葉 : よろしくお願いします。
にへい : まず稲葉さんの方からお聞きしたいんですけど、トライフルに入る前はどういう活動をされてたんですか?
稲葉 : 演劇は、高校演劇からなんですけど、最後の年に中部大会まで進んで、次点の賞をいただきまして、それから「ああ、演劇やりたいな」と思いまして。最初は劇団うりんこ研究所に所属しました。その後しばらくフリーで活動してたんですけど、何かオーディションに応募したいと思いまして、最初は「柿喰う客」(東京の劇団)の公演オーディションを受けました。それに合格しまして、三重と東京での公演でご一緒させていただきました。で、その折に、片山さんにお会いできる機会がありまして。その時、トライフルのオーディションのチラシも(公演会場に)置いてあったんです。それで(オーディションに)応募して、まずはスタッフとして参加させていただけることになって。それが、トライフルの公演に関わるようになったきっかけです。



にへい : それは、(トライフル公演)一番最初の?
稲葉 : はい、(2010年)2月です。
にへい :あ、千種セレクションの、
稲葉 : 『地上から110cm』の時の。
にへい : ああ、じゃあそれが出会いだったんだ。
稲葉 : そうです。その後も、オーディションだったり、人のつてだったりでトライフルやオレンヂスタの公演に参加させていただいてます。
にへい : じゃあ今は、トライフルもやりつつ、他の公演にも参加してる、っていう。
稲葉 : はい、そうです。
にへい :  じゃあ、演劇漬けな日々(笑)
稲葉 :漬けです(笑)
三人 : (笑)
にへい : 松丸さんの方は、逆にNEVER LOSE 時代からずっと一緒に作品づくりをしてますよね。
松丸 : そうですね。
にへい : 僕が出会った当初、「制作の方」っていうイメージがあったんですけど、今年、東京で役者として8年ぶりに活動再開されて。で、今回も役者として参加されるということなんですけど、
松丸 : はずみがついちゃって(笑)
にへい : (笑)8年ぶりに役者を再開するって、やっぱりすごいエネルギーがいるだろうから、何かきっかけがあったのかなと思うんですけど。
松丸 : 「縁」ですね。菅間馬鈴薯堂(すがまぽてとどう)さんのところに出していただいて。最近・・・ここ一年くらいかな、稽古を見学させていただく機会がありまして、で、ちょこちょこ行くうちに、あまりにも稽古が面白いので、手伝わせてもらおうと思って。で、受付の手伝いをしたりしてるうちに、周りの方たちに「おまえここで復帰しろよぉ」と言われ(笑)。その上、演出家の菅間さんにすごく(私を)薦めてくださる方がいて。どうしようかなと思いつつもすごく嬉しかったし、言われてるうちに、やっぱり「やりたいな」っていう気持ちがむくむく沸いてきて・・・で、片山にも相談したんです。そしたら片山が、「菅間さんになら預けてもいい」と言ってくれて。「じゃあ、お願いします!」ということで、役者復帰となりました。



にへい : (復帰してみて)どうですか?僕も、4年ぶりの舞台っていうのを経験したことがあるんですけど、相当きつかった覚えがあるんで(笑)
松丸 : (笑)きついというか・・・最初、どう声を出すかも忘れていて(笑)。恥ずかしかったので、8年ぶりだと周りにがんがん言ってハードルを下げようと(笑)周囲の方々に甘えさせていただいた感じですねぇ。
にへい : ちなみに、NEVER LOSE時代には役者はされてたんですか?
松丸 : 旗揚げから第3回目までは出てました。第4回目の、(カンパニーとして)軌道に乗るぞっていうくらいの時期から、裏方に。
にへい : 外(裏方)から見てて思うことが、逆にブランクの間に蓄積されて、いい方向に出ることもあるんじゃないですか?
松丸 : そうですね・・・菅間さんが、私のブランクの間の苦労とかをすごく「あなたは、苦労しているからいい」と言ってくださって、ああ、それでいいのかな、って。
にへい : ああ、すごく演出家らしい言葉ですね。その人の身体から滲み出てくるものが欲しかったっていうことでしょうね。
松丸 : ただ、今回はそのことに調子に乗らずにやらないとな、と思ってます(笑)
にへい : じゃあ、ちょっとトライフルについてお聞きしたいと思います。流れでそのまま松丸さんにお聞きしますが、松丸さんはトライフルとNEVER LOSEの両方を役者として体感してると思いますが、演出・片山さんの当時(NEVER LOSE時代)と今の違いみたいなものは感じますか?
松丸 : そうですね・・・・言葉がやわらかくなりました。今でもキツいとは思いますが(笑)
稲葉 : ああ、(長谷川)宏樹さんも言ってました。
松丸 : 前はもっと・・・怖かった、というか、あ、理不尽でしたね(笑)
三人 : (爆笑)



松丸 : まあ、あたしが出会った当初、彼は21歳でしたし。
にへい : ああー!若いうちは自分がこうしたいっていう思いを、ね(笑)。で、今はいろんなことを受け止めて、あらためて伝えることができる、と。なるほど。それって作品にも空気として乗りますよね、きっと。僕の印象でいうと、やわらかいというか、パーソナルな部分をNEVER LOSE時代よりも、トライフルには感じますね。では稲葉さんにお聞きしたいんですけど、稲葉さんは今まで名古屋でいろんな演出家さんの作品に関わってると思いますが、稲葉さんから見た片山さんって、どういう印象ですか?
稲葉 : いやもう、ほんと、すごい人としか言いようがないですね。まず、役者のことを何もかもお見通しなんです。「今、ここ(相手)に(台詞を)当ててないよな」とか、「独りで演ってたよな」とかが、みんな筒抜けなんですね。なので、ああ、この人は間違いない人だなと思って。演劇の知識もたくさん持ってらっしゃるので、もっといろいろ教えてもらいたいと思って、入団しました。
にへい : 役者さんのことをよく見てるっていうことですよね。では、トライフルのメンバーとして、稲葉さんから見たトライフルの魅力ってどんなところですか?
稲葉 : う〜ん・・・魅力ですか・・・
松丸 : あるけど・・・こう・・・言葉にしづらいよね(笑)
稲葉 : う〜ん・・・(片山さんには)名古屋を受け止めつつ、名古屋で演劇を広めようと言うからにはという思いもあってなのか、名古屋について知りたいという片山さんの思いが強くて、どんな文化があるのとか、どんな遊びがあるのとか、名古屋を知ろうとしている感じですね。
にへい : 近い目線で演出と役者が接することができるというか。そういう魅力を今感じてる、と。
稲葉 : はい、感じてます。
にへい : そういうのって、お客さまにも通じるよね。松丸さんから見たトライフルというか、トライフルに置ける片山作品はどうですか?



松丸 : NEVER LOSEは元々、同級生中心で集団を作ったので、年齢が近かった上にみんな主張が強いメンバーだったんですけど(笑)、今のトライフルはメンバーの年齢に幅ができて。その中で、共通点を探しながら作品づくりしてるんですね。で、そこでどうしても埋まらない差があったりして、片山自身も作家・演出家として、どっしりとした覚悟がないと向き合えないことを自覚しているからこそ仕上がってくるものっていうのがありますね。でも片山自身はそんなに変わってなくて、集まってくれてる人の中で、じゃあどう創っていこうかっていうのが片山で。今いる人の魅力をそのまま舞台に乗せるのが彼のやり方なんです。だから、それまで他の舞台であまり注目されたことがない役者さんとかも、片山作品に出演したときに、すごくかっこよく見えたりすることが多々あるんです。
稲葉 : (その人の)違う面を引き出そうとするんです。出来上がったキャラクターを誰にやらせようかな、ではなくて、役者を見て、この人に何をやらせようかなっていうところから始めるんですよ。自分自身も知らなかった面を引き出してくれるんです。
松丸 : 役者はそれに甘えちゃいけないんだけどね(笑)
稲葉 :そうなんですよね(笑)
にへい :なるほど。じゃあ最後に、今回の『神々が存在するのかしないのか、我々には知りようもない』の見どころを、お二人から。
松丸 : ギリシャ神話って言っても、そんなとっつきにくいものにはならないと思うので、肩の力を抜いて楽しめる作品になると思います。楽しみにしていてください。
稲葉 : 私自身も台本を読んでてとても楽しいんですね。集団のつながりが、ギリシャ神話の上に乗っかってきてる作品ですので、神話自身だけでなく、そういう思いを感じてもらえたらなと思います。
にへい : 作品を通して、客席とのコミュニケーションを取れるって素敵ですよね。じゃあ、今日は貴重な稽古時間中にご協力いただいて、ありがとうございました。
松丸・稲葉 : ありがとうございました。


【松丸琴子プロフィール】



松丸琴子 –Kotoko Matsumaru- 
1977年、秋田県出身。千葉県で育つ。舞台芸術学院卒業後、マーク義理人情結成に参加。同時期にNEVER LOSEの旗揚げ公演に出演し、第4回目から制作として携わる。2002年に自身のユニットで舞台に立ったのを最後に、以後8年間役者としての活動を休止していたが、2010年9月に菅間馬鈴薯堂『九月の遠い海』於:王子小劇場へ出演、俳優活動を再開した。現在東京在住。


【稲葉みずきプロフィール】



稲葉みずき –Mizuki Inaba- 
1986年、愛知県名古屋市出身。劇団うりんこ附属演劇練習所を経て、その後積極的に様々な舞台に出演。出演作品は『すこやか息子』(柿喰う客)、『童話道程スプラッタァ』(オレンヂスタ)、『もうすぐ夏だね、お父さん』(寅組)等。2009年12月のトライフル出演者オーディションワークショップに参加、前回公演『タバコトーク×ドーナツトーク』より正式メンバーとなった。


 

| インタビュー | 00:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:40 | - | - |
コメント
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma sandals
http://www.lebron15-shoes.us.com/ basketball shoes
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry shoes
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora
http://www.jordan11spacejams.us.com/ air jordan
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fit flops
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade sale
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 2 shoes
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora rings
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sale
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin shoes men
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora charms
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy shoes
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 7
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes wallets
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock clearance
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air max 90
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra uncaged
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike vapor max
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ ultra boost mens
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 10
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max 2017
ドリフトliuyuzhen
| louboutin shoes | 2018/03/05 2:16 PM |
http://www.curry4-shoes.us.com/ stephen curry shoes kids
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin shoes
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy shoes
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas boost
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma fenty
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike vapormax
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike air max women
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 9
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade outlet
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora rings
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 5
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy shoes
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp le pliage
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 3 shoes
http://www.lebron15-shoes.us.com/ kevin durant shoes
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sandals
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes bag
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop sandals
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 3
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy boost 750
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan retro
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max 2016
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora charms
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflops clearance
ドリフトliuyuzhen
| kyrie irving shoes | 2018/06/09 4:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pandora-3.jugem.jp/trackback/19
トラックバック

Template arranged by studio macoimage designed by Atsuko   Powered by "JUGEM"
ご予約はこちらから
上演順決定
「パンドラ3」の上演順決定しました。

12月23日(木・祝)
1.トライフル 2.双身機関
12月24日(金)
1.よこしまブロッコリー 2.双身機関
3.トライフル 4.アフタートーク
12月25 日(土)
1.よこしまブロッコリー 2.トライフル
12月26日(日)
1.よこしまブロッコリー 2.双身機関

CATEGORIES
PROFILE
折込情報

「パンドラ3」公演パンフレットへの
チラシ折込を
下記内容にて開催します。


折込方法:一斉
部数:700部
日時:10年12月21日(火)19:00開始
会場:千種文化小劇場ロビー
どうぞよろしくお願いいたします。
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
ADMIN