パンドラ3

−ギリシャ神話を巡る演劇・ダンスの3つの冒険− 双身機関×トライフル×よこしまブロッコリー

  2010年12月23日(木・祝) 双身機関 × トライフル
           24日(金) 双身機関 × トライフル × よこしまブロッコリー
           25日(土) トライフル × よこしまブロッコリー
           26日(日) 双身機関 × よこしまブロッコリー

  名古屋市千種文化小劇場
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パンドラ3 全公演終了しました。 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
演出家鼎談『ゼウスとワルツ!』 番外編

先日最終回を迎えた鼎談ですが、
公演を終え、あらためて話したいことが増えてうずうずした三演出家が再び、
ぽつぽつと話を始めました。
せっかくなので、番外編として公開したいと思います。

=====================
『ゼウスとワルツ!』番外編~私達はこうやって神々とワルツした。~

ジャコウ : 明けましておめでとうございます。先日何とか「パンドラ3」が無事に幕を降ろした訳ですが、想像以上にこの企画は色んな意義をはらんでいたと思います。是非ともこの地域で、この灯火を灯し続けていきたいなあと。そのためには企画及び個々の作品で何が達成でき、何が課題として残ったかを洗いざらい炙り出しておくべきだと考えます。で、自分の作品についてですが、初めてのダンス作品で、かつギリシャ神話。振付という作業の試行錯誤と神話の膨大な水脈の汲み取りは本当に大変で、正直やりたかったことの3分の1も達成できなかったという気がします。片山君の話を聴いてびびったよ。読んでるテキストの分量に。僕なんか、「仕事と日」の、それも「5時代の説話」というほんの一部分しか消化できなかった。幸い三重での再演が決まっているので、次はせめて「仕事と日」全編と「神統記」くらいは盛り込みたいと思っています。

双身機関『パンドラダンス』写真/構久夫

にへい : よこしまブロッコリーとしては、面白い作品を手に入れたなって思ってます。より正確に言えば、作品というより、世界設定とか世界観と言った方がいいかもしれませんね。よこしまブロッコリーが上演したのは、3つのエピソードが舞台上で同時進行するという作品でしたが、その時々の自分たちが感じていること、関心があることを反映させたエピソードに入れ換えていくことで、今後いろいろなバリエーションを作っていける可能性があると感じているんです。例えば、中心になるパンドラのエピソードを残して、小学生のエピソードとシニア世代のエピソードに入れ換えると、また違う人生観みたいなものが浮び上がると思うのですね。つまり、いろんな新しいエピソードを取り込んでいっても世界観みたいなものは壊れないタイプの作品というか。なので、自分たちが作品をどう発展させていけるかも含めて、またぜひやってみたいですね。


よこしまブロッコリー『また何度目かの世界の終わり』写真/構久夫

片山 : 皆様本当にありがとうございました。三者それぞれに違うパンドラの箱、とても楽しく過ごさせて頂きました。さて作品前の資料集めですが、僕は確かに数を読んだのですが、それは本当に「ギリシャ神話」をどう扱えば良いのか解らなくてですね。神話自体が粗筋の塊で、会話や、神の言葉がほとんど出てこないので、どうやって台本に起こそうかなと。結局はギリシャ悲劇や詩、哲学者や諺などから言葉を貰いました。にへいさんは、それでも僕らの中で一番ストーリーを書いているのですがそこらへんは何を参考にしたとかありますか?

にへい : そうですね、資料としてはいろいろ読んだのですが、影響を受けたものを一つあげると、この1、2年ずっと読み続けている塩野七生さんの「ローマ人の物語」ですかね。ローマを語るときにギリシャは欠かせないですから。ギリシャの人々ってどんな人達だったのかという部分で参考になりました。ですが、ギリシャ神話も含めてパンドラの箱以外は具体的にこの話を取り上げるということではなくて、読んだものを一度自分のフィルターを通して、感じたことをシーンを描く際の下敷きのひとつとして取り込んでいきました。例えば、延々と言葉を重ねていくが出口のなさ=議論に終始してしまいがちな古代ギリシャ人達とかそういう取り込み方。あと、ギリシャ神話からは、女子をなんとかものにしようという様はゼウスとか(笑)。それと、現代劇を選択しているので、現代でも有り得るってところには気をつけながらだったですね。

ジャコウ : 話を聴いていて面白いなって感じたのは、エピソード入れ替えても同じ作品として成立するっていう手応えですね。ここ数年にへいさんはどんどん演出家としての比重を高めているなって印象をもってましたが、それでも書かれた戯曲は一つの世界として完結してたと思うんです。実際の舞台を観ても、随分ライブ感が増しているなって感じました。どうでしょう、入れ替えのシニアの部分で七ツ寺市民劇団のおじさんたちを使ってみませんか?最強ですよ(笑)。ま、冗談(?)はさておき、劇団としても新たな可能性を掴む話だと思うんですよね。なぜかというと、アウトリーチのツールとして使えると思うんです。市内の小学校へ出かけてワンシーンを創ってもらい一緒に上演するとか、場合によっては他都市でのレジデンスも充分ありうるかも知れない。どうですか、企画しましょうか?

片山 : いいですね、最初は「いかにギリシャ神話がよく解らないか」から始まって、最終的に作品が構築されていくとか。短期のレジデンスにとても有効な題材だと思いました。ただ、ある程度のギリシャ神話の知識が、観客側にも必要だと感じたので、次は日本神話だともう少し間口が広がるのかなとも思いました。


片山雄一出演シーン

ジャコウ : いや、日本神話でもそんなに変わんないですよ。『ハッピーアイスクリーム』を創ってた時の
経験から言って。僕が面白いなって思ったのはそうじゃなくて、ギリシャ神話のエッセイを汲み取りつつ、それを変換した上で役者たちに提示したにへいさんの作業です。アウトリーチやレジデンスで「ギリシャ神話ってどう?」っていきなり切り出しても無理ですよ。1年住み込むならともかく(笑)。今回の3作品はやはり、集団として長い時間を共有したからこそ産まれたものではないでしょうか。

片山 : や、僕は1ヶ月のレジデンスで制作しましたよ(笑)
とは言ってもその前のオーディションから始まって、やはりその「変換作業」に一番苦労したのです。そういった意味では、何度も試演を繰り返した双身機関と、集団性が押し出されたよこしまブロッコリーにはとても羨ましいなという思いと、早くトライフルも次のステップに行かなければなという思いの両方があります。そうか、ジャコウさん日本神話は以前からやってますもんね。ギリシャ神話なのに天岩戸とか出て来るし、厳密に精査するともう訳わからない。双身機関の最後のシーンの手紙、独白ですか、あれは神話世界から始まったイメージが最終的にとても個人的な世界観に集約されていくのですが、その道程がとても素晴らしかった。訳が分からない良く分からないのに素晴らしい面白いという経験は、ぜひ子どもたちや学生と一緒に共有したいですね。


トライフル『神々が存在するのかしないのか、我々には知りようもない』写真/構久夫


にへい : 『また何度目かの世界の終わり』は、ジャコウさんの仰る通り、いろいろな可能性は試してみたいですね。作品がいろんな場所や世代とつながるツールにもなるなんて、こんな素敵なことはないですよね!集団に関していくと、何をどう共有するかに付きますよね。悩みはつきません(笑)。でも、今回は三団体三様の空気が上手く作品に反映されていたように僕も思います。そうそう、片山君の言う通り、『パンドラダンス』の手紙への過程が好いですよね。それと終演後の静寂。作品の余韻を受けて静かに振動している空気、そこにいるからこそ体感出来る空気でした。『神々が存在するのかしないのか、我々には知りようもない』は密度が強く印象に残っています。僕は密度って濃ければいいってものではなくて、作品によって、それこそシーンによって適切な濃度があると思っていて、そのさじ加減がとても魅力的でした。どちらの作品も僕個人としては、自分にないものに触れられた、そう感じています。同じ舞台だからこそより感じられる。他者がいるからこそ自分の姿が見えるというか。だから多様であるってとても大事だと思っていて。本当にこういう企画だからこその楽しみですよね。


にへいたかひろ出演シーン

ジャコウ : 公演前後はゆっくり感想話し合う時間がなかったので、今こうしてじっくり聴けて良かったです。終演後の静寂ってコメントはうれしいですね。やはり作品創るときに舞台でしか出来ないってことを相当意識してますから。お金払って、移動に時間使って観に来て下さるお客さんにテレビや映画と同じもの観せるのは演劇の自殺行為ですもん。手紙(独白?)が評価されたのもうれしいです。創ってて、自分でも強引だなあって思っ
てましたから(笑)。何がどうつながってるかなんて、自分でもいまだに判ってません(笑)。ギリシャと日本の神話を扱って一番違ったのは僕が出てるか出てないか(笑)。いや、ダンスだからってこともありますが、ギリシャ神話は自分が出ないとまとまらないって意識がどこかにあった気がします。逆に日本神話は自分が出ずに1つの世界を完結させたかった。これは個人的な距離感だとは思うのですがね。


ジャコウネズミのパパ出演シーン

片山 : 個々の作品はもちろんですが、同じ題材でそれぞれが作品をつくり、お互いに影響を与えあう今回の様な企画が、今後も継続して行くのかどうかというのがこれからの課題だと思うのです。僕としてはもっと若い世代の表現者が、これからどんどん参加して来て欲しいですね。その成果は必ず自分達に帰って来るものです。

ジャコウ : 継続が課題、というのは全くそのとおりだと思います。それぞれの作品はもちろん面白かったわけですが、繰り返し上演することでどんどん新しい展開が出てくると思います。双身は早速秋に再演しますが、よこしまにもさっき話に出たレジデンスを含めた発展形を実現させてほしいです。トライフルも片山君が言ったように、今後集団性をいかに構築するかの上で再演はあるべきです。協力は惜しみませんよ〜。そしてもうひとつ、企画の継続も片山君と同意見です。電光石火とかオートバイとかオレンヂスタなど、独自の表現を築きつつある若いカンパニーが出てきていますからチャンスの時期といえます。劇団が次々できるけど5年続かない、30歳を超えられない、という名古屋の悪い状況を変えるためにも。そのために僕が裏方に徹してでも「3」企画を続けたいと思いますね。

にへい : そうですね、お互いに影響し合う、意識し合う、そういう状況って大切ですよね。そして継続していくなかで、世代とか表現の枠組みとかを越えていけるといいですよね。それぞれの世代だからこそのアイデアやノウハウに触れることでどんどん活性化していけると思うのです。どうアピールするかって問題はあるのですが、でもまずやっぱり何かが起こってるってのがないと、お客さんも含めてより沢山の人達と繋がっては行けませんからね。常に熱がある状況はこつこつと燃やし続けないと出来ません。もちろん、燃やし続けていきますよ。
では、ジャコウさん、片山君、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。これからもお互いに刺激しあって行きましょうね。よろしくお願いします。

                                       
                                      鼎談、終わり
           

ご一読頂いただき本当にありがとうございました。
また、みなさんと劇場でお会い出来る日を楽しみにしております。

ジャコウネズミのパパ(双身機関)片山雄一(トライフル)にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)









| 演出家鼎談 | 21:54 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:54 | - | - |
コメント

なんだか引きつったような声出し続けてたよ、ホント。
全身の全ての力を吸い取られて行くような感じだったなぁ。
あの糸帝まりは完璧だったね。僕の見解からして。
http://relijuz.irap.rameee.com/
| とろろいも | 2011/01/15 1:21 AM |

5万でおしゃぶり練習台になってきたぁ!!!!
小さいお口でチ●ポ頬張るのに、めちゃ萌えたっすよぉぉぉ!!(*´Д`)ハァハァ

http://a-as38m.fuyuiro.net/a-as38m/
| 茂男 | 2011/02/23 2:47 PM |

ドゥテイだった俺ってむしろ勝ち組だったのなwww

エ ロ い お 姉 さ んに初 体 験させてもらうだけでも最高なのに
報 酬に20万もらって、こりゃ言うことねぇな!( ̄∀ ̄*)
風 俗とかで捨てなくてマジでよかったwwwww
http://fp50lbe.photo.bin-radish.info/fp50lbe/
| アジャ公 | 2011/05/04 8:55 PM |

突然の書き込み失礼します!
最近話題のこのサイト…知ってますか?

あらゆるSNSで桜も居なくて会えると話題の新感覚出会い系サイト!
今参加するのが一番お得だと思いますよ☆
http://6rc4hew.FM.187Hz.info/6rc4hew/
| 最近の流行 | 2011/05/12 12:38 AM |

買ってくだちゃい☆ってチ※ポの写メ送ったらソッコー食いついた件www

30年ずっと童☆貞のオレがこんな簡単に初体験できるとわ!!!!(*゚∀゚)=3

まぁ報酬に10万もらったのが一番ビビったんだけどなwwww

http://z6trbci.mix.k-j-pop.me/z6trbci/
| ふにゃバット | 2011/06/02 11:08 PM |

ちょっと聞いてよ押
こないだのオッサン、マジ半端ないんだけど。ヮラ
http://wgar9l8.x.ex-summer.net/wgar9l8/
| カナ | 2011/08/29 12:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pandora-3.jugem.jp/trackback/24
トラックバック

Template arranged by studio macoimage designed by Atsuko   Powered by "JUGEM"
ご予約はこちらから
上演順決定
「パンドラ3」の上演順決定しました。

12月23日(木・祝)
1.トライフル 2.双身機関
12月24日(金)
1.よこしまブロッコリー 2.双身機関
3.トライフル 4.アフタートーク
12月25 日(土)
1.よこしまブロッコリー 2.トライフル
12月26日(日)
1.よこしまブロッコリー 2.双身機関

CATEGORIES
PROFILE
折込情報

「パンドラ3」公演パンフレットへの
チラシ折込を
下記内容にて開催します。


折込方法:一斉
部数:700部
日時:10年12月21日(火)19:00開始
会場:千種文化小劇場ロビー
どうぞよろしくお願いいたします。
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
ADMIN